社内制度紹介

  • ギアプロジェクト制度
  • 研修制度
  • 評価制度
  • 福利厚生

ギアプロジェクト制度

ボトムアップによる新規タイトルの開発のため、「ギアプロジェクト制度」という制度を設けています。 「ギアプロジェクト制度」は、社員が自らチームを組んで企画を提出し、その一部をプロジェクト化して開発に取り組むという制度です。
『リズムハンターハーモナイト(ニンテンドー3DS)』や『ソリティ馬(ニンテンドー3DS/スマートフォン)』『TEMBO THE BADASSELEPHANT(PS4/Xbox One/Steam)』『GIGA WRECKER(Steam)』といった4本のソフトが、この制度から生まれました。
※『GIGA WRECKER』についての詳細は社員インタビューをご覧ください。

企画する際、ゲームのジャンルはもちろん、用いる技術やハードにも制限はありません。前例に捉われることはなく、むしろ会社にとって初めてのことにチャレンジできるような企画を求めています。
(C)2016 GAME FREAK inc

研修制度

■新人研修:入社後の3ヵ月は個人の資質・能力・志向に合わせた研修を実施する期間となります。ビジネスマナーの基礎やゲームフリークが大切にするものづくりの考え方を学んだ後、各職種別に与えられた課題に取り組みます。

■マネジメント研修:新たにリーダーとなる社員を対象とした研修で、マネジメント理論の基礎を学びながら現在組織が抱えているマネジメント面の課題について議論していきます。

■プロジェクトメガシンカ:社員の成長のきっかけ作りをするために職種横断的に結成されたチーム“プロジェクトメガシンカ”が社内の学びを促進しています。
具体的には、
・社内のスペシャリストにインタビューを行って動画として配信
・開発に役立つ研修や勉強会の開催
などの活動を行っています。

■社外研修:感受性を磨き、新たなひらめきの糸口を見つけるための、任意参加の研修を実施しています。一見仕事には直結しないような、研究所の見学やアウトドア体験などを通じ、クリエイティビティに刺激を与えることができます。
※右の写真は2016年度に実施された街歩きの研修の様子です。

評価制度

ゲームフリークでは、各自が能力向上と業績について半期ごとに目標を立て、それを目指して業務に取り組んでいます。

能力については、技術力やマネジメント能力などの職能を「レイヤー」という職階として明示しています。
明確な尺度を持つことで、上長の指導とサポートを受けながら自らの能力を高めることに対し、モチベーションを保ち続けることができます。

また、直属の上長からだけではなく、ゲーム開発の過程でかかわった他部門のマネージャーからの評価も加味される「多面評価」を実施しています。職種の枠を超えて活発に提案やコミュニケーションをはかり、ゲーム全体のクオリティを上げることに貢献した人をより高く評価していくための取り組みです。

福利厚生

■休日:土・日・祝日・夏季休暇・年末年始休暇(2015年度年間休日数:126日)等。自分の希望する5営業日を夏季休暇とすることができる「フレックス夏季休暇制度」も設けています。

■オフィス環境:三軒茶屋駅直結のキャロットタワーにあるオフィスは「宇宙」がテーマ。働きやすいオフィスに与えられる「日経ニューオフィス賞(2008年度)」を受賞しています。

■課外活動:社内にはグッズサークルやマーケティングサークル、社内報サークルなど任意参加の課外サークルがあり、職種を越えて活動しています。お花見や屋形船ツアーなどイベントも多く行われています。
※右の写真はグッズサークルが実際に作成したグッズです。