私がゲームフリークに入った理由 プログラマー編

2014年度に中途入社した若手プログラマのふたり。
なぜ入社したのか、今後やりたいことなど、ざっくばらんに聞いてみました。

社員紹介

Y.I. フィールドコンテンツプログラマ
2014年度に入社した、フィールドコンテンツプログラマのY.I.です。現在はプレイヤープログラム全般を担当しています。
M.K. フィールド環境プログラマ
同じく2014年度入社のフィールド環境プログラマ、M.K.です。主にアセットパイプラインやツールの構築を行っています。

とにかくゲームが大好き!

入社までの経歴を教えてもらえますか?

フィールドコンテンツプログラマ Y.I.
専門学校を卒業後、名古屋のゲーム会社で2年ほどPS3とXbox 360のゲームを開発しました。その後東京に出てきて移植プロジェクトに参加、再度転職して、とあるミドルウェアを開発するチームでリーダーをしていました。
フィールド環境 M.K.
私は大学院の修士課程で、ゲームクリエイターを支援する仕組みの研究をしていました。その後、新卒で大手ソーシャルゲーム会社に入社。そこではブラウザゲームの開発・運営に携わる部署で、サーバーサイドのプログラミングを担当していました。

ゲーム業界に入った理由は?

Y.I. M.K.
ゲームが好きだから!

なるほど、それに尽きますよね。ちなみに好きなゲーム・印象に残っているゲームは何ですか?

フィールドコンテンツプログラマ Y.I.
今までの人生でナンバーワンのゲームは『風のクロノア』です。
フィールド環境 M.K.
私はスポーツゲームと恋愛ゲーム以外何でもやるんですが、特に印象に残っているのは『聖剣伝説』シリーズと『星のカービィ』です。

小規模タイトルも大規模タイトルも作ってみたい

今回転職先にGFを選んだのはなぜですか?

フィールドコンテンツプログラマ Y.I.
私の場合、新卒で入社して最初に作ったタイトル、本当に頑張って作ったんですが、数千本しか売れなかったんですよ。それで、どんなに頑張って作っても、ユーザーに届かなければ意味がないなと痛感しました。だから今回は、「世界中で売れるゲームに携わりたい」というのを軸に転職活動をしていました。また、売れるタイトルを持っているゲーム会社は複数ありますが、大手に入ってしまうとどこに配属されるかわかりません。その点ゲームフリークならほぼ確実に『ポケットモンスター』シリーズに関われると聞いたので。あと、RPGの開発にも興味がありました。
フィールド環境 M.K.
私の場合は、第一にパッケージゲームを作りたいというのがありました。それも、サイズの大きいゲームが作りたい、と。一方で近年自分が好んでプレイしているゲームは、けっこうニッチなゲームが多いので、小規模開発をいつかやってみたいというアンビバレントな気持ちもありました。そう考えた時に、ビッグタイトルを持っている一方でギアプロジェクト制度もあるゲームフリークは、自分の希望にぴったりだと思い、応募することにしました。

「サイズが大きい」とはどういうことですか? また、それに興味があるのはなぜですか?

フィールド環境 M.K.
「長いプレイ時間」と「広いターゲット層」のことです。
『ポケットモンスター』シリーズなら、どちらの要素も満たしています。
そういったゲームに興味を持ったのは、要素や関わる人材の多い大規模開発を、どうやってうまく回しているのかに興味があったためです。ゲームフリークでなら、それについての知見が得られそうだと。

若手も早くから活躍する余地がある組織

実際入社してみた感想は?

フィールドコンテンツプログラマ Y.I.
予想していた以上に、どんどん仕事を任せてもらえて驚いています。今は設計を含めフィールドプレイヤー関連全般を作っているんですが、入社半年の若造にこんな重要な部分を任せてくれるなんて!
フィールド環境 M.K.
やっぱり巨大なプロジェクトだなあと思う一方で、意外と原始的な部分、改善の余地がある部分も残っていますね。でも、改善したいところを指摘すれば、先輩方が意見を汲んでくれるので、悩みがいがあるなと思っています。

どの辺りが、原始的だと感じますか?

フィールドコンテンツプログラマ Y.I.
モデルやテクスチャの管理方法は、今後ハードのスペックが上がった時に対応できないので、そうなる前に大規模開発向けに変えていく必要があると思います。
フィールド環境 M.K.
コミュニケーション手段や情報管理、アセットパイプラインに利用しているツール類についてもまだまだ改善の余地があると思います。
「作業者が慣れている道具を使うこと」は確かに大切なのですが、その道具が足枷になっているケースもあり、今ならより便利な方法を選択できるなぁと感じることもあります。

これからGFでやりたいことは何ですか?

フィールドコンテンツプログラマ Y.I.
早くマネジメントを任せられるようになりたいですね。
あと、前職はミドルウェア開発だったので、プログラマとのコミュニケーションが大半を占めていたのが、今は他職種の方との接触が頻繁にあるので、つながりをしっかり作れるようになりたいとも思っています。
フィールド環境 M.K.
私は、同じ規模のゲームをより少ない人数で作れるように開発環境を整えていきたいと思っています。そうすれば、新規コンテンツに今以上にチャレンジができるようになりますから。開発環境とツールと、使う人の意識改革で大きく改善できると思っています。