Works

世界中で愛される
『ポケットモンスター』シリーズを開発中。
それを超える、次の名作も開発中。

ポケモンARサーチャー

  • 3DS DL
2012年6月23日配信開始

『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』と連動したニンテンドー3DSダウンロードソフト。ニンテンドー3DSのカメラを向けることでAR(拡張現実)上にポケモンが出現。すぐそこに実際のポケモンがいるかのような体験をすることができる。

ポケットモンスター
ブラック2・ホワイト2

  • DS
2012年6月23日発売

冒険の舞台は『ポケットモンスターブラック・ホワイト』から2年後のイッシュ地方。図鑑に登録されるポケモンは約300匹で、出会えるポケモンも一新されている。「ポケウッド」や、「おもいでリンク」などの新しい遊びも豊富な作品。

ポケットモンスター
ブラック・ホワイト

  • DS
2010年9月18日発売

舞台となるイッシュ地方では、当時他の地方ですでに見つかっていたポケモンはほとんど姿を見せず、新たなポケモンと数多く出会うことが出来る。本作では、3対3の「トリプルバトル」や、「ポケモンミュージカル」の登場により遊びの幅が広がった。

ポケットモンスター
ハートゴールド・ソウルシルバー

  • DS
2009年9月12日発売

『ポケットモンスター 金・銀』をベースにした作品で、『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の3年後が舞台。「連れ歩き」や「ポケスロン」など様々な新要素が追加されたほか、同梱のポケウォーカーを使ってポケモンとお出かけすることもできる。

ポケットモンスター プラチナ

  • DS
2008年9月13日発売

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』をベースに、さまざまな要素がパワーアップし、新たな冒険を楽しむことができる。各地のポケモンジムで、ジムリーダーにたどり着くまでの仕掛けが一新された作品。

ポケットモンスター
ダイヤモンド・パール

  • DS
2006年9月28日発売

シンオウ地方を舞台に、壮大なストーリーやバトル、新たなポケモンとの出会いが楽しめる。シリーズ初のニンテンドーDS対応ソフトとして、フィールド画面の3D表示や、Wi-Fi通信を利用したポケモン交換・バトルなどの新要素が話題となった作品。

スクリューブレイカー
轟振どりるれろ

  • GBA
  • VC(Wii U)
2005年9月22日発売

小型ドリルロンボ(ロボット)に乗った女の子「くるり」が活躍する、ドリル・アクションゲーム。
振動カートリッジを採用しており、ドリルで攻撃を加えるとその衝撃に連動してカセットが振動、冒険の手応えをダイレクトに感じることが出来る。

ポケットモンスター エメラルド

  • GBA
2004年9月16日発売

『ポケットモンスター ルビー・サファイア』をベースとしつつ、新たなエピソードを追加。また本作で追加された、バトルに特化した施設「バトルフロンティア」では、さまざまなルールでポケモンバトルを楽しむことが出来る。

ポケットモンスター
ファイアレッド・リーフグリーン

  • GBA
2004年1月29日発売

『ポケットモンスター 赤・緑』をベースとしつつ、新たなマップ・イベントの追加、ワイヤレスアダプタへの対応による通信プレイの無線化、ヘルプ機能の拡充を行っている。シリーズ初プレイの方にとっても、遊びやすい作品。

ポケットモンスター
ルビー・サファイア

  • GBA
2002年11月21日発売

シリーズ初のゲームボーイアドバンス対応ソフト。ホウエン地方を舞台にした新しいストーリーとマップに加え、新ポケモンも135種類増えた。ポケモンの「とくせい」や「ダブルバトル」の追加など新要素も多彩。

ポケットモンスター
クリスタルバージョン

  • GBC
  • VC(3DS)
2000年12月14日発売

シリーズで初めて、主人公の見た目を選択できるようになった作品。『ポケットモンスター 金・銀』をベースとしつつも、ポケモンの動きがアニメーションになり、伝説のポケモン・スイクンをめぐる新たなストーリーも追加された。

ポケットモンスター 金・銀

  • GBC
  • VC(3DS)
1999年11月21日発売

シリーズ初のゲームボーイ&ゲームボーイカラー共通カートリッジ。新たな舞台ジョウト地方から冒険が始まり、ポケモンのたまご、ベイビィポケモンの発見、曜日設定によるイベントの追加など、魅力的な要素が数多く加わった。

クリックメディック

  • PS
1999年1月28日発売

20世紀末に発見された未知の細菌「バクルス」の脅威から人々を救うため新米医師となった主人公が、潜航艇を縮小化させたマシンに乗り込んで患者の治療にあたる、テキストアドベンチャー。

ポケットモンスター ピカチュウ

  • GB
  • VC(3DS)
1998年9月12日発売

『ポケットモンスター 赤・緑』をベースに、アニメの主人公のようにピカチュウを連れ歩くことができるようになった作品。ピカチュウに話しかけると、そのときの「ごきげん」がわかり、鳴き声を聴くこともできる。

BUSHI青龍伝 ~二人の勇者~

  • SFC
1997年1月17日発売

自分が1回行動すれば、敵も1回行動し、フィールドを動き回る敵に接触することで横スクロールタイプの戦闘に変わる、「リレイティブタイムアクションロールプレイング」という当時では新しいジャンルのゲーム。