・第11回・

北米で9月9日に[FIRE RED」「LEAF GREEN」が発売されます。

GREEN??っと思った方は鋭い!

もともと、北米では赤緑が「RED」「BLUE」、赤青だったんです。
タイトルは青ですが、中身は緑なんです。訳あってそうなりました。

そう考えると、「FIRE RED」「WATER BLUE」になるはずなんですが、
どうしても緑にしたかったんです。

・LEAF(葉)は平和の象徴であること。
・炎と水では反発し合うため勝負のように見えてしまう。
・パッケージでフシギダネの色鮮やかさを出したい。
・日本人にはなじみが薄いが、海外の子供にとって「LEAF」(葉)は分かりやすい。
・世知辛い世の中、争いのない世界を考えたタイトルにしたい。
などが理由です。

結果、全世界共通で、「LEAF GREEN」になりました。
めでたし。めでたし。

こうやって世界共通のタイトルを決めるのって、しんどいんですが、
人を説得するために、

「なぜそうしたいのか?」

を、追求することになるので、実に面白いです。
(自分がなんでその物事にこだわっているのか?が、発見できるんですよね!)

ちなみに、、、
毎回タイトルは商標の難しさもあって相当悩むんですが、
ファイアレッド、リーフグリーンは「分かりやすさ」をテーマとして創っていたので、
タイトルも分かりやすくタイプから考えました。ですので、結構早く決まりました。
これも、めでたし。めでたし。

では。