・第216回・

「ゲームフリークに入ろうとしたきっかけを教えて下さい!」

という質問をツイッターで頂いたので、

その返答をこのブログで(笑)!!

まずは、、、

株式会社ゲームフリークが出来る前の話。

マスダ18歳。
新宿にある日本電子専門学校コンピュータグラフィック(CG)科に入学。

2年後、就職活動するも当時のCG関係の会社はレベルが高く、
狭き門で断念。

C言語やアセンブラでプログラムするソフトウェア開発会社に入社しました。

スーツを着て普通のサラリーマンしてました。

会社で働きながら、土日に「クインティ」の音楽を作り、
まだ会社になっていない仲間の集まりだった”ゲームフリーク”に
毎週遊びに行ってました。
趣味とか遊んでるといった感覚ですね(笑)

それから1年、1989年。「クインティ」が完成。

クインティを発売するにあたり、株式会社ゲームフリークを
代表の田尻が立ち上げました。
マスダは1年勤めた会社を辞め、同時にゲームフリークへ。

お金とか安定とか関係なく、ゲーム創りが楽しかったから。
好きだったから。
理由はただそれだけでした。

そこからは、、、たいへんでした。。。
休みも無く、お金もなく、会社に泊まり。。。

でも、ものづくりを諦めませんでした。

だって、好きだったから。

そして、7年後。
1996年、ポケットモンスター赤緑が完成したのでした。

チャオ!